スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未啓発な軍部に捨てられたアイデアの例、、

何度かこのブログにもチョロッと書いていますが、、、私と亡妻の仲を取り持った月下氷人はex川崎航空の飛行機設計主任技師だった、土井武夫・信子夫妻でした。何度も飛行機のペン画を書いてそれをネタに、各務ヶ原のお宅にお邪魔したモノでした。
奥様が料理教室をやっておられ、若い頃の亡妻はその中でも格段の味音痴、いわば「落第生」でした。、、、閑話休題
土井技師の口癖は,,,「キー60」はどうせ終戦までは格納庫にあったから、機関砲載せてB29落としてみたかったなあ。ァ、駄目か、過給器付けてなかったか!、,,,
ki60川崎重戦
土井技師は昭和2年(といっても大正15年の次の年デスよ、昭和元年は大正15年と同じ年の最後の6日間だけでしたから)3月東京帝大工学部造兵学科のご卒業、川崎航空機入社、当時ここには若いがDocter Vogtと言うドイツの飛行機大博士がいて、新入社員のドイツ語と数学の実用程度を確かめてすぐドイツ留学の準備をさせ、6月にはドイツについて、ドルニエ社の一員としてドイツの大学で流体力学の猛勉強をさせられ、一番参ったのが、当時の日本の理工学系の学生が最も苦手だった「ルンド」と呼んだ偏微分方程式だったそうです。
流体もニュートンの運動方程式で何とかなるとやってのけたのが、フランスのパスカルで、船や水の流れが何とか条件限定で数式で扱えると解析したのがベルヌーイでこれを空気まで演繹して飛行機の流線型への応用したのがフランスで成功して大正時代の流行となり、当然、日本の造船や飛行機の設計や模型実験の解析にも使えるという教育は土井さんたちの学年から始まっていたそうです。三菱の「秋立ちぬ」の九六戦・零戦の設計技師堀越二郎氏も土井さんと同期生です。ついでに言っておきますと、ベルヌーイの法則とは、非粘性流体(完全流体)のいくつかの特別な場合において、ベルヌーイの式と呼ばれる運動方程式の第一積分が存在することを述べた定理で、偏微分方程式とその第一積分を解くのが設計で、実験結果などの要素を偏微分するのが流体力学的解析になるわけで、、、飛行機や船の設計は当然ですが、私たちばけがく屋も化学プラント設計にも大いに必要且つ重要なエンジニヤリング技術なのです。学生時代には化学工学演習では、四人グループごとに分かれてしっかり鍛えられました。

続きを読む »

真空管回顧録;19 :どんぐりコロコロ、、、エーコン管

秋です。実ります、落ちます、転げます。どんぐりは、お池に嵌るのが定番でした。今日ググって捜してみると、、、。1-2番と同じ青木存義 作詞なのかどうか判りませんが3番まである歌詞がありました。
歌詞
1~2番はならい覚えのママどじょうが出てきて、遊びましょ、というが、どんぐりはお山が恋しいと泣いてどじょうを困らせた、のですが、、、3番の子リスが出てきて落ち葉にくるんで、、、背負ってお山に持ってった。というのは始めてみましたね。
いい解決法で賛成ですネ。どんぐりに泣かれた泥鰌が、身をはかなんで駒形どじょう鍋になっちゃったなんて、、ならなくてよござんした。
駒形どじょうmc
ところで、ドングリにも、エーコン管のように単純でない「袴」を穿いたのもあるようで、、、ブナ、クヌギ、柏です。
ブナクヌギ柏mc

続きを読む »

♪カラタチも秋はみのるよ,,,

秋晴れです。稔りの秋、多摩地区でもそろそろ、稲刈りも始まります。季節を謳った歌でも、、、季節を主題にせず、移り変わりを歌い上げて有名なのが、北原白秋の詩に山田耕筰が曲を付けた、「カラタチの花」があります。
カラタチは、芽吹いて葉が出るより先に、白い花を咲かせます。
♪カラタチの花が咲いたよ、白い白い花ーが咲いたよーー」で始まります。芽吹くまでは、トゲだらけの木です。昔は、このトゲトゲの木の故に、住宅の廻りの生け垣に好んで使われました。ブロック塀なんて野暮で無機質なモノはありませんでしたから。ブロック塀の歌はないですよね。針トゲと白い花
♪カラタチのトゲは痛いよ、青い青い針ーのトゲだよー」と続きます。自動車が普及して、田舎の細い道まで、歩行者は、そっちのけで、ドンドン入り込み、歩行者は針のトゲがよけられなくなり、ブロック塀の登場となりました。歌は続きます。
♪カラタチのそばで泣いたよーオ、みんなみんな優しかったよーオ。,,,田舎のコはまじめで素朴そのもの、いじめっ子はいませんでしたヨオ。みんな優しくてね。誰かが泣けば、みんなで助けて慰めたですよね。歌そのものでした。
そして秋が来ます。
♪カラタチも秋は稔るよ、まろいまろいーィ、金の玉だよーォ,,,
まろい金の玉
私たちが子供の頃は、このカラタチが、金の玉になって稔るころには、青い葉っぱがほとんど無くなって又トゲトゲの中に金の玉状態になっていたモノでした。、、夏の間に枯れ葉になって散ったわけでもありませんでした。いったい誰の仕業だったのでしょう?

続きを読む »

日本航空が定期便運行を始めたころのお話

隣の半島で、38度線を破って、北が南下侵入を始めて、ドンパチが始まったのが日本では、ラジオが、NHKの他に民間放送が許可になり、その試験放送が大阪や名古屋京都などでいくつか始まった昭和25年6月の25日ころ、、、でした。直ちに国連で、この侵入は、国連憲章に違反することが確認されて、南鮮には国連軍が協力することが採諾されて初めての国連軍が参戦した戦争になりました。国連軍というモノの南鮮には米軍駐留部隊があって日本にいたマッカーサーGHQの占領支配下でした。当然占領下の日本がこの支援基地になったわけです。こうして日本の米軍支援部隊が増強されました。赤羽の旧帝国陸軍兵舎と練兵場にもカマボコ兵舎が出来、将校とサージェント級の宿舎が出来、現在デング熱騒ぎの代々木公園旧練兵場には、続々と本格庭付きの西洋建築の高級将校官舎が建って代々木原宿間の酷電山手線からの景色ががらっと変わりました。西部劇時代のグラント将軍の名が付いて「グラント・ハイツ」,,,,反対側の戦災・焼けトタンのバラック街町並みとは雲泥の綺麗な西洋箱庭でした。
コーンパイプを咥えたマッカーサー元帥が、コンソリデーテッド・コンステレーション型「バターン」号で、終戦直後8月の終わりに厚木基地の降り立ってから5年。この隣国の事変で、戦争特需の波が押し寄せ始めたのでした。米国の廃船するLST級中型船が集中的に続々と兵員やその支援物資を摘んで片道輸送、更に八幡、釜石の製鉄所に石炭輸送して、役目を終え自らも製鋼資源鉄くずとなって、船舶用鋼版や鉄道レールとなって、日本の交通網復興が急ピッチに進み始めたのでした。
参考になるでしょうから書いておきますが、当時の在日の米軍は、織田信長の鉄砲組の3段構え並み、半島戦線で1ヶ月戦ってくると、ソルジャークラスは、大井・鮫洲のカマボコ兵舎でほぼ1ヶ月休養した後、北海道日高演習地で1ヶ月の部隊訓練の後、又半島戦線へ投入約1ヶ月、各移動を含めて約4ヶ月が1セットだいたい3セットが1年で後方避退、だったようです。赤羽のソルジャークラスも大体似たような、シフトだったと聞きました。大井・鮫洲のカマボコ兵舎ソルジャーキャンプには学生アルバイトで、何度も足を踏み入れましたが、半島戦線帰りのすぐは、非常に気が立っていて、けんかが絶えず、レーション(野戦糧食)の実入り缶詰が飛び交うような激しい喧嘩もしょっちゅうですが、未だ赤線華やかな東京、、、文盲もいるGIキャンプのキャツらが、江東区洲崎辺りのKeikosanなどにラブレターの代書を頼むようになるころにはすっかり素朴な田舎青年の落ち着きを取り戻し、、、ユタや、オクラホマの故郷のカワイコちゃんの話など、、、聞かせてくれたモノです。
1950年の6月、事変勃発南に国連軍が付くならと、秋の終わり頃から、中共軍が越境急速に南下して、最前線は元八路軍の屈強精鋭が出没、国連米/韓国軍も叶わず、どんどん後退、年が変わって包囲されていたソウルも陥落、、、
この1951年春頃から、食糧配給事情も漸く好転、東京の外食券食堂も、押麦入り飯から銀シャリに変わりはしめました。
初めてのアマチュア無線の従事者免許の国家試験が電波管理委員会形式で6月に行われ、1,2級計百余名の合格者と報じられました。しかし未だいつ無線が、許可になるか、当時衝に当たっておられた庄野さんによると、GHQの態度は「防共上簡単には許可できない」、、、そう、米国議会では前年からマッカーシーのレッド・パージ旋風が吹き荒れていましたし日本でも、東大京大等の極左教授が「GHQの意向」により公職追放され、逆に、自由党などの旧帝国議会議員などの追放者が、追放取消・社会復帰となりました。
もくせい号第1便mc
そんな昭和26年10月、「親が子よりも後から出来るのは里芋ばかりだ!」じゃないけれども、{GHQの意向により}日本航空が設立されて、(因みに、日本航空(株)法が成立するのは日米行政協定発効後の国会)GHQの認可も下りて、当時日本に乗り入れていたノースウエスト航空から、機長操縦士、航空機関士、搭乗業務員丸抱え、機体整備航行運行丸任せ条件での1年間のリース契約で、マーチン2・0・2及びDC4B数機の丸抱えチャーターで日本航空の国内線が急遽第1便が10月25日に出発、誕生したのでした。
むろん戦前昭和10年代の日本には、大日本航空という航空会社があり、国内線定期便の他、朝鮮満州線、更に97式川西民航型(綾波型)飛行艇使用の南洋群島線、及び2週1便程度の赤道越えチモール線定期便まで開設されていたのでした。
97綾波 小池画mc

続きを読む »

龍巻について

たつまきと入力して変換すると、、、「竜巻」とは出るモノの、なんだか感じが違ったように思い、入力し直しましたが同じ、
「龍」の字は「りゅう」と入力したときにのみ出てくるみたいでした。そのくらい竜巻とは、縁のない私でしたが、、、
龍巻き3景
片手ほどしか行っていない米国出張では、3度も竜巻"tornado"に遭遇しました。一度は、デトロイトへ行く途中、ミシガン湖に立つ曲がりくねった龍巻き、写真を撮りたかったでしたが、後続車も多い高速道上で運転中、、、どうにもなりませんでした。メカ_13抜出竜巻250px-Punta_Gorda_waterspout frorida
二度目は、セントポール・ミネアポリスへ行ったとき昨日この地区はトルネードが通ったよと乗ったタクシイの運ちゃんが、空港から町に入る前のところを指さし教えてくれました、農家や牧舎が無惨に壊れ、立木が枝葉がなく裂かれ、生々しかったです。更にもう一度は殆どこの地では「トルネードが西から来ることはない!」と聞かされたフロリダ・マイアミの西約130kmの草地砂漠の曝露場でメッキ片と塗装片のサンプルの採点中の午後、黒雲が西から覆ってきて、ナンだろう?と思ったとき、自動車が、ライト点滅させて近づいて来、「君が今日は一人だけここにいると判っていたから、警告しに来た、、、マイアミには何十年来たことがないトルネード、それもF4クラスのが来るらしい、すぐ片付けて車ごと、、事務所の地下に来る方がいい!」と言われ、びっくり、あわてて、片付けて、車に戻り40kmほど離れた、South Florida Test INCの事務所の地下駐車場に逃げ込みました。このマイアミの西100kmへンは縦横150kmに渡って、この会社ともう一つ、Sun Test Co.所有の曝露場で、270丁目ぐらいまで、St.No.はありますが、よくまあ、私の日本の名刺とILZROマークだけで、私の居るところを見つけてくれたモノと、あとから妙な感心したモノでした、頭の上は真っ黒な雲の覆われ、やがて、10kmまでは離れていないところを北に向きを変えたトルネードが通ったのですが、哀れ、曝露中の試験片は100%飛ばされて居て行方不明、それまでに出来ていた採点表と、この飛ばされ被害報告にここに出張したことになってしまいました。新聞の記事では、F3級と報じていましたね。
状況を思い出すに、途中激しい雨が降り、そのあと、風が吹きまくりましたが、、、、トルネードが去って採点の続きするつもりで、車で西180丁目付近まで行ったところ、道路上は草の山の上や中に3年ナマズのようなサカナと、カメレオンの死骸が一杯。そう言えば、午前中曝露場には、日本の草むらには蛙が一杯居るのと同様、カメレオンが大小、一杯居たのでした。
ちょうどこの朝、この曝露場からは北東約300km離れた、フロリダ半島東海岸ケープ・カナベラル(後にケープ・ケネデイーと改称)から、アポロ11号がロケットで打ち上げられた日でした。
250px-Tornado_Alley 頻度分布
アメリカの、トルネードの発生頻度の分布図です。メキシコ湾から、北にカナダに掛けてまで、ずいぶん多いですね。フロリダの先端マイアミ付近はなるほどほとんどないようですね。、

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。