スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に「爺怪説」 コレは爺怪節かも?

手書きパピーニュースにも一度似たことを怪説したことがありますが、NHKの「ことばのおじさん」梅津先生を見る度思い出すので、もう一度現代風に復刻板してみます。

もう亡くなってから随分になるのかな?梅津先生じゃないッスョ!、、、渡辺はまっこじゃなかった、横浜生まれで売り出した「渡辺はま子」。このくらい、長命な、そして波瀾万丈の女性歌手も珍しかろうが、ソロソロその名も風化かな?
母校の女学校の音楽だけ教師やっていたが親を養うにチョイと身入が足りなかったから、レコード会社の誘いに乗って、当時流行りだした「ふんなのないわ」とか「だって嫌よ」とかの女言葉の婀娜っぽさ売り物唄に対抗してもう一つのをレコード盤にした。こんな時代ですmc

♪月が鏡であったなら、、、で始まる「忘れちゃ嫌よ」である。3番まで女心の恋い焦がれを、色っぽい艶を出して、唄いきっていた。倖田未来なんてえのとはどえらい違いの、エロっぽいのとはチョイと違う当時の恥じらい含みのではあるが、当時のはま子はいい声の艶っぽさでもあったのです。売れ出したレコードは、社会問題化して、警察の総元締めである内務省のお達しにより昭和11年発売禁止処分されてしまったのです。
この戦前派の大歌手が、バター臭い美貌で艶ある声であったのは、ワケあり(渡辺はま子ウィキペディア参照)、いつの時代も同じコト、「発売禁止になったって?」「ンだ!ンだ!だからお宝になっちまってョ、アリがテエこんだ!」、、、てことで益々人口に膾炙する。お若くていらっしゃった渡辺はま子先生は、女学校の先生なんてやっていられなくなる。文字通り身の置き所がなくなるって奴。レコード自体はご覧の通り女歌。ところがコレでは宴会歌にはならない。宴会歌とは宴会で三味線弾きなどを呼んで、座をにぎわわす、あれです。遣り手婆ちょっと前の芸子上がりの三味線弾き婆さんなどが、やるわけですが、当然男唄に替え唄して仕上げます。現代の若者唄とは違って、575,、、の葎唄でしたから、都々逸などの小粋なセリフが、ジグソーパズル並みにぴったり当てはまるわけです。たとえば、,,大正時代の「月は無情」という唄をリバイバルして来て、
♪あの子よい子だと「トテシャン」だーこりゃ、オマケに色白、柳腰、どこーに不足はないけれどーこりゃ、僕に惚れぬが玉に瑕、、、」などという調子。NHKの梅津先生の解説が要りますでしょうか?「トテシャン」?「シャン」は当時学生ドイツ語の[shoen]シェンから訛って美人という意味の略語、コレに「とても」の比較級接頭語の略が付いて、「トテ」「シャン」と言うまあ流行隠語みたいなもの。,,,ァそれから,,,「都々逸」って解ります?七五五七七などの粋なセリフで、聞かせて、あとで、落としたり嘆いたりして、ウイットや、感傷的同情を誘う艶唄とでも言うのかな、コレこそ、梅津先生の独壇場でしょう。「都々逸」という漢字自身のまっすぐな中国語的意味では、都は「みんな集まった」意味、都々で「みんなみんな」集めて、良いこと言って、あとで「外して」落として纏めてしかも秀逸洒脱!たった三文字の漢字で良くもこれだけの意味が込められたモノと感心します。
何で都がみんなだ?なんて野暮なこと聞きなさんな!梅津先生に聞いて見な!、、、昔、丼メシ屋やうどん屋で、表の注文承り係が、あれこれ違う丼注文を奥の板場に注文通して、「親子2丁、キジ丼一丁、盛りそば三丁、閉じうどん一丁、都合七丁オマチーイ!」と注文残を合計して「都合」何丁といったモンですね、都合とは、「みんな合わせて」という意味。みんな集まるところが都会であり、都というわけ、じゃ、「都合付けて」などの都合は?、、、あったり前、「万障」繰り合わせて、詰まり、みんな旨く調整付けて、みんなちゃんとしての意味です。嘘で固めての意味はありませン、お間違いなく忘れちゃ嫌よ!じゃ、みやこ蝶々、南都雄二の漫才コンビは?チョうチョウガ始めから最後まで喋喋ナンナン「みんな」シャベクリ捲る「シャベクリ漫才」でボケ役は字が読めないので台本も役立たず「何という字?」の連発だったのでそのまま芸名。
miyako_nanto.jpg
  
 とんだ脱線、本日、ここにこの爺怪説をあらためて編集、収録し直したのはほかでもありません、このほど、売出しの血圧降下剤新配合薬を、かかりつけの医者がもう2ヶ月ほど、処方してくれているのですがコレが、この「トテシャン」ヨロシク、元凶15年の闘病の糖尿血糖値にもグリコアルブミンにも、狙いの血圧降下にも、腎臓の浮腫にも、効いてきて身体も締まってきて、それこそ「何処に不足はないけれどーこりゃ」です。同時配合済みの利尿剤がこれ又よく効いたからこそ左の「都合」一石3鳥効果なのですが、「玉に瑕」は、一日14回の頻尿。夜中もトイレに4回か少なくとも3回は起きるという、、、この睡眠不足!

大正13年のこの「月は無情」もいうでないか!、、、♪もしも當座の花ならば コリヤ  もとの蕾にして返せ!」

薬もさまざまあるけれど、、、こりゃ!、、、デス。悩みますが、身体が何より一番です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。