スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多島海の名で知られるエーゲ海の島々

秋,電波伝播の様子が変わると、15m-20mでのギリシャは、日本からでは、いわゆるショートパス(大圏コースの短い脚)の他に、午後から夕方に掛けて、ロングパス(大圏コースの長い方の脚)が開けることが多いようです。まさかギリシャが、アフリカを回って、南米の先ホーン岬を回って、ニュージランドボルネオを通って電波が来るとは、考えにくいですが、秋から冬にかけてはこの方が強いことがあります。
勿論、フランス北岸ノルマンデイーからはショートパスでした。フランス語が公用語のこの国ギリシャですが、この数知れぬ島々を持つセイもあってか、プリフィックスはエリヤ別番号がついています。それを教えて[クレタ](SV9)のは外人プレフィックスSV0のこの小父さんでした。SV area QSL001mc
ギリシャの多島海には、どうやら大きく分けて行政区分があるようです。第一にクレタ島、大きすぎる。
第2に、第一次欧州大戦で最後まで、ドイツに味方して戦ったトルコを痛めつける制裁講和で、無理矢理はぎ取った、トルコ沿岸線までギリシャ領となった、ドデカニサ諸島(又の名を、スポラデスとも言う)、それにギリシャ半島の3面の海に散らばる、西側[イオニア諸島]、東側[北スポラデス諸島]それに南側クレタ島との間の[キクラデス諸島]この3諸島は3把ヒトカラゲのようです。

ある日、SV8ポータブルを名乗る、英語が殆ど出来ないイタリヤのコールの小父さんが、「サモス島からのサーヴィス」と言ってCQを呼んでいました。フランスの地図で探しましたが、見つかりませんでした。兎に角、コールして、SV8かと尋ねましたが、「多分」としか応えてくれませんでした。

このQSOのカードは随分経って、日本に送られてきましたが、SV8の3諸島のどれにもレ点チェックがなく、イタ公め! でしたがSV8 isl QSL 001mc
裏を返すと、
SV8 isl QSL 002
島名羅列欄があり、SAMOSと記入されていました。フランスの地図では、SV8エリヤにはなかったのですが、帰国して平凡社のチェコスロバキア地図製版の地図で探したら、SV8にはないのも道理、アテナイから真東約450km、トルコ海岸に一番接近したドデカニスのかなり大きな島、つまりここはSV5,かの有名な、なぞの巨像文化の残っていたロードス島と同じのエリヤなのでした。イタリヤ、ボローニャのオッサン!貴重なこんな重箱の隅の島からの運用ありがとう!でした。ギリシャのサモス島とプリフィックスmc
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。