スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DX交信の憧れ、カリブの島々

アマチュア無線を始めて、海外交信を重ねてくると、その土地からの電波で、波長にも依るけれども、交信しやすい相手国と、非常に交信が難しい地域があることに気付きます。どの波長でも、日本からは、交信しづらい地域として、カリブ海の島々が挙げられます。勿論交信相手がいない国、そこに行くことが難しい地域や島は論外ですが。カリブの島々でも、別項にご紹介したように、ヴァカンスが楽しめて、観光客用の施設がふんだんにある島と、諸般の事情によりそれが難しい島とが長年の間に分化してきており、電波開局人口密度にも格差が生じては居ますが、全般的に、日本から地球の真裏に当たるアルゼンチンやウルガイなどは比較的交信しやすいのに対し、このカリブ海方面は何故か「電波が落ちてくれないッ!」ッという感じがしてならないのです。カリブ海付近の島々map mc
(この地図は、CQ出版社2009年3月号CQhamRadio誌特別付録から部分借用いたしました)
カリブ海の島々が、米国東南のフロリダ半島の東北の謎の海域と言われるバーミューダから始まって、南に下がってバハマ、チュルクカイコス>KP5Desecheo*註)英領バージン群島いたる小アンチル列島と更に、VP2Eアンギユから始まって、17-8のエンテイテイーが連なるいわゆるウインドワード諸島と呼ばれるの弓なりの島々にいたる、最外側の比較的小さい島の列島群のうち側に、大アンチルと言う大きめのキューバ、イスパニオーラ島、プエルト・リコ島の列があり、更にその内側中南米大陸に近いケイマン、ジャマイカ、開局レアなHK0BajoNuevo、まあ割と局が出るサンアンドレ島(私もフランスからは2局交信)、P4アルーバから始まる、オランダ領アンチル諸島列の3重の列島群が大西洋中央海嶺から噴き出す北大西洋プレートが中米メキシコ湾プレートの下に潜り込んで、水蒸気がマグマにアブク押し上げして作ったと見られる、多くの島嶼群を形成しています。大アンチルに入れるべきケイマン、ジャマイカを総計すると、この海域だけで40個になんなんとするエンテイテイーがあるのですが、日本からの交信がかなり難しい地域のようです。

フランスに6年半住み込んで、足かけ5年は、ハムを開局していましたが、ノルマンデイーの海抜65mの丘からは、さほど難しいことはなく、50wと針金アンテナで、半分近くのエンテイテイーと交信でき、交信証もその又半分ほど貰っています。ここにヴァカンスを過ごしながらついでに電波も出す、優雅な人々は、半数は、無線狂ですが、半数は、かあちゃん孝行中の老夫婦の片割れで、交信証の持ち合わせはない、やキーの持ち合わせがなくてマイク電話しか出られないよ!と言う2極分離したお方がたです。

幾多の神武景気や、瑞穂景気の果てのバブルの頃、岡山dxクラブの旧友から照会が、ノルマンデイ-に来て、3週間で、フランス海外領土のレシプロ免許を取りたい!と言うので、免許手数料も立て替え、フランス免許申請書もフランス語でフィルアップして、私設通信網局に送りつけました。私はイギリスに出張中でしたが、免許担当ジュアン氏から電話があったそうで、この申請者と氷室の関係は?に対して、秘書のファビエンヌ嬢は「何でも従兄弟で兄弟同様にしている金持ちの息子のようなことを言っていましたよ」と、即興で応えて呉れたそうで、FSサンマルタン島は好いが、FJサンバーソロミュー島は、一般の海外旅行保険では渡航できないので注意するようにとのことだった由。岡山の連中は既に故郷を離れていて連絡の取りようはなかった。

果たせるかな、FSはペヂションできたが、ここから見渡せる僅かばかりの隣の島FJへの小型飛行機に『なぜだか』乗せて貰えず、(特別な危険料込みの高い料率の保険が必要だったのです!)FJへのペヂションは諦めて、帰ってきました。英語が旨ければどこえでもいけるモノでもないのです。むしろ英語が旨ければ旨いほど無視されるのがフランス語圏です。郷に這入るには郷に従いましょう、下手な、フランス語が訊いて判るだけ、でも、このFJ行きは出来たはずなのです。気をつけたいことです。特にハムたるモノは、マルチ外国語を指向しましょう。交信にも大いに役立ちますから。

ノルマンデイーから交信証が得られたこの界隈のカードを掲げておきましょう。
Carribean Sea Islands003qsl mc
Carribean Sea Islands004qsl mc


*註)KP2,3.4は、プエルト・リコの本島の局ですが、KP5のDesecheo島とはプエルト・リコ本島と、イスパニヨーラ島のドミニカ共和国島との間にある、プエルトリコ領の離島のようです。1979年の3月1日発電設備のないこの離島に迂闊にも蓄電池だけを持って3月いっぱい有効の免許で、ペデイションしたあわてもの局があり、半日で蓄電池切れで、チョン、しかし、このKP5のエンテイテイーだけは正式に登録されて今日に至っています。不勉強もここに至ると無駄に近いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。