スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ham-Fair 2011の頂き物ご披露

今年もよれよれ爺ながら、ハムフェア2011に出かけ、主に2文字局アイボールコーナーにアテンドしておりました。
お向かいのブースで、自分のブースを背景に、9月いっぱいで、退陣のJA1AN原昌三連盟主との2ショットです。P1050262bmpmc_20110901161329.jpgもう、ここでお買い物しようとしても亡妻が「止めときなはれ!」と出てきそうなので、、、頂き物だけにしました。須賀川市からおいでのJA7IC柳沼さんから、QST誌を3冊も頂戴してきました。大いに読みでがあります。ご興味のない向きには、ナンノコッチャでしょうが、、、。
先ず、今年の5月号のこの記事、、、
Vert 4ele yagi001mc
海辺の入り江の砂浜に、カーボン繊維強化の釣り竿で、垂直八木を立ててみた。と言う記事です。砂浜とは、ポリエチレンの深底タッパーウエアを使って、砂浜との絶縁をし且つ砂をたんまり突き込んで、竿を固定して立てるというもの。ビーチ八木終端絶縁法002ビーチ八木バルン給電法003
Vert 4ele yagi002mc
まあ、こんな具合に写真に見るように4えれのフル八木を垂直に立てることで、地面の存在よりも、建て方の煩雑さのモト、ステーワイヤーを徹底的に嫌ったもの、デスね。
エレメントの線や、ポールの長さ、、、ポール間の距離間隔、などの表があります。ご参考までに。ビーチ八木長さスペース表mc004
これも一つのアンテナ設営法でしょうが、、、折角の電解質溶液たる海水で接地抵抗は低くなった濡れた砂浜の、たったタッパーウエア分ほどの、近接距離に、ダイポール共振の八木の電圧端を近づけて設置するのは、、、高周波的電気的に、如何なものかと心配ですが、,,,こんなコトが改善考案として、提案できそうです。

この記事にある砂浜と絶縁して近接設置の垂直八木の模式図です。長いポールになりますね。
半波長垂直八木原理mc006
私の試案は、この垂直半波長の八木は、半分は省略も可能なんですね。手書き図面で恐縮です。
4分のλ垂直八木mc007
砂浜をぐっと海に近づけて接地抵抗を落とすことにより、ポールの長さはほぼ1/4λに出来ると思います。
帝国海軍の、艦上攻撃機「天山12型」の胴体後部日の丸マークの辺り、胴体右側に、電探受信用の5えれの八木の半分が突き出していました。送信用は右の主翼に普通の5えれの八木が使われていました。
これははっきり写真にも写っており、又、飛行機の揮毫で名高い小池繁夫氏の富士重工の戦後かなりたってからのカレンダーの艦攻天山の画にも精確な八木アンテナの間隔長さ比で、描写されていマス!
Tenzan mc.JPG koike_ga
TenzanTX ant
B6N-20mc.jpg

これは攻撃機でしたから、敵の艦船索敵用の電探でしたが、海軍機には夜間敵大型爆撃機B-29邀撃用に特化されて、35ミリ機関砲を、前方に突き出したり胴体マン中から斜め上方に突き出したいわゆる斜め砲を背負った、夜間双発戦闘機化した「銀河」があり、これは空中割と近間の電波反射なので、胴体右則の受信用半八木は3えれ、機首球形風防下に3えれ又は4えれ八木が送信用に突き出していました。
P1Y-11s銀河鼻先3えれ
P1Y-11s銀河鼻先4えれmc
胴体右横の、ハーフ八木3えれは、見にくいですが、機首3えれとともにこの、終戦直後の米軍領収機に写っています。
kugisho_p1y1銀河夜戦mc_
こうしてハーフを完全反射面に埋め込むことが垂直八木では簡単に実用可能なのです。
だいたい、1/4λの垂直アンテナの動作原理は、地面反射の残りの1/4λの半面像との1/2λ共振が成立するアースの完全さで、効率、つまり吸い込みや飛びが決まってくるのです。
垂直アンテナ動作原理mc008


スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : サブカル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。