スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAXAのロケット打ち上げ基地は?

JAXAに統合される前の、宇宙開発機構(種子島)と、東大の宇宙空間研究所(大隅半島肝属郡内之浦)はマスコミによってもよく混同されて報じられていたようです。ひどい場合、「種子島の内之浦から、」、、
兎に角地図を先ず
tanegasima  utinoura map001
ここにもロケットランチャー設備はあり、ミューロケットまでは確かにここから発射されていたのですね。現在はMロケットセンター呼称のようです。pct04myu centerpct05KS center
この内之浦の裏山も利用した施設のほぼ全体写真です。
pct03内之浦
内之浦の全この観測所は、1962(昭和37)年東京大学生産技術研究所の付属施設として、それまで秋田県岩城町(現・由利本荘市)の道川海岸にあった施設を廃止し、新たに鹿児島県内之浦町(現・肝付町)に設置されました。その後東京大学宇宙航空研究所の設立により1964年その付属施設に、1981年には文部省宇宙科学研究所(ISAS)付属の独立研究施設・鹿児島宇宙空間観測所(KSC)になりました。そして宇宙航空研究開発機構(JAXA)への統合に伴い、内之浦宇宙空間観測所と改称しています。
内之浦宇宙空間観測所からは、1970(昭和45)年、わが国初の人工衛星「おおすみ」を打ち上げて以来、主に宇宙科学研究を目的とした多くの天文観測衛星や惑星探査機が打ち上げられています。また、中層大気や宇宙プラズマなどの研究のために、S-310ロケットやS-520ロケットなどの観測ロケットの打ち上げも行われています。おおすみの打ち上げで、日本は、世界でソ連、米、仏に次ぐ、4番目の人工衛星打ち上げ国になりました。
pct15 おおすみ記念碑s45.2.11そ米仏に次ぐ衛星打国写真がおおすみ記念碑デス。
その他、衛星からの電波を受信する直径20メートルと34メートルのアンテナで地球周回軌道に打ち上げられる科学衛星を追跡運用します。34メートルアンテナの方は臼田宇宙空間観測所の64メートル深宇宙用アンテナのバックアップも行えるようになっています。
全体写真で、右の海岸の崖上、の打ち上げ場に見える、発射装置の概要です。
pct02roket発射装置
追跡装置設備は、pct07telemeter center20mparavola
直径20mのパラボラと、管制室です。更にこの設備は、長野県佐久の臼田観測所の64m径のパラボラとの連携が保たれます。
pct02臼田64mparavola
一方、種子島の大型ロケット発射場は、鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津にあり、、、
traffic_illust_j種子島
1969(昭和44)年、旧宇宙開発事業団の発足とともに設立された種子島宇宙センターは、総面積約970万平方メートルにもおよぶ日本最大のロケット発射場です。鹿児島の南、種子島東南端の海岸線に面しており、世界一美しいロケット発射場と言われています。
このセンターでは、ロケットの組み立てから打ち上げまで、そして衛星の最終チェックからロケットへの搭載までを行っており、我が国のロケットや人工衛星の打ち上げを担う施設です。施設内には、H-IIAロケットやH-IIBロケットを打ち上げる大型ロケット発射場、これらのロケットで打ち上げられる人工衛星や探査機を組み立て、試験をする衛星組立棟、衛星フェアリング組立棟、北方には「増田宇宙通信所」「野木レーダ局」、西方に「宇宙ヶ丘レーダステーション」「光学観測所」などの追跡設備が整備されています。

おしまいに、特筆すべき、長野県臼田にある、55億分の一の木星までの太陽系のスケールモデルをご紹介しておきます。宇宙探査自律機「はやぶさ」君は、「はじめてのおつかい」で、この55億倍ほどの所まで行って自分でどしんとやってチリ巻き上げてサンプル取って、、しかも地球を忘れずに、ちゃんと帰ってきたのですね!壮大にして素晴らしいことでしたね。
pct04臼田55億分の一太陽系展示250px-Hayabusa_hover.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。