スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年も梅雨時はいずこも憂鬱

中国大陸を潤す大河は北では黄河、南では昔は揚子江と言いましたが現在は長江。中国長江001MC
ことしの3月から5月の異常気象では、中国は、雨量が平年の1/4-1/3という有様で、この地図の薄緑色の平原中国の穀倉と野菜の農作地は、大干魃。長江が上流の台地の壁を刻んで絶壁を成して下る三峡に作られたダムの貯水池も、宜昌で平原に出てやや南に下る洞庭湖も、東進して水を湛える南昌の北の幡陽湖も、みんな1/3以下の貯水量になり、灌漑用水はおろか飲み水にさえ困る農民300万人と伝えられました。
それが待ちに待った6月に入り、、、梅雨が始まったトタン、、、
この大干魃地域の80%を越す地域にオーバーラップして、ダブルパンチ!今度は、連日の豪雨、201106140715-00mc.jpg
で大洪水、苗代作りも田植えもあったモンじゃないと、逃散農民続出、飲み水のある街へ、出来れば東海岸の工業地帯まで、避退せざるを得ない状態らしい。穀物どころか野菜も作れる状態ではないので、最大輸入国日本の台所はかなりきつくなることでしょう。対岸の火事どころではありません大変です。
スポンサーサイト

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。