スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃物利用のホンの一例

これ、何か判ります?専業主婦の方や目ざとい方は、1パーツ!
パン袋留め具001sc
そうです、モーニングロールというか、握り拳ぐらいのパンの5-6個一袋のパンの袋の留め具ですよね。
いつの間にか、キッチンの引き出しに何十個とたまっていませんか?何捨てているって?、、、そう、そういう方に限って、受験生がいるってのに深夜、誰もいないはずのキッチンで、ガタンゴロゴロドン!ってもの音がして、飛び起きたりする!おそるおそる、台所のぞけばつい先日、壁板に吸盤で取り付けたフックが飛んで、お玉しゃもじが、床に転がっている、なんてことに。
この留め具、第一の再利用は、郵便受けから取ってきた手紙の、オープナーに丁度いいんですが、それよりも、そう、上の話のように夜中に吸盤が飛ばないように、ぬらして、壁にくっつける時のテコの支点強化のシムに一枚で足りなきゃ2枚かませるとか、使い勝手が良く全くこの目的に打ち抜かれているのではないかと思いたいほどピッタリコンコンの働きぶりが期待できます。このお陰で、荒物屋さんのモノに300円とか出さなくても3個百5円の百均店の吸盤ハンガーでも1年以上落ちないように使うことも出来ます。

たまたまの一例の写真ですが、同じ吸盤ハンガーにこの留め具を挟んだ物と挟まない商品のままとを一晩比べてみたら、同じモノを掛けて一方はこれだけずっこけた!と言う写真を取ることが出来ましたので、掲げましょう。
パン袋の留め具再利用の状況
右の黒い方も実は極めてわずかずっこけたらしいのですが、実際にはどちらにもこの留め具を2枚宛挟むことで、2個百5円の百均店のモノで、ぴったり動かなくなりました。
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。