スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイジェリアの隣国カメルーン

2002年でしたか、日韓共同開催でFIFA サッカーのWorld Cup大会が行われた際、サッカーの強い弱いとは関係なく、突然有名になったアフリカの國がカメルーンでした。日本国民はその国がアフリカにあると言うことは知りましたが、どの辺りか?までは「?」,,,ではまず地図から、,,アフリカの曲がり角にあるのでした。300px-Cameroon-CIA_WFB_Map.png
TJ1RP 001mc
仕掛け人は大分トリニータでおなじみだった中津江村の村長さん坂本休さん、40PX-I~1
昭和5年生まれで国民学校卒業ですけんむつかしかこつはようわかりませんバッテン、ダブリュウハイちゅうこってすけん、,,,で、その年の流行語の一つ「ダブリュウハイ」が生まれました。その後、新聞の見出しなどはそのまま「W杯」デスワナ!「日本人でカメルーン人!」とも。
カードや地図にあるように首都はヤウンデ。北はチャドの草原にあるチャド湖の一部まで、回廊が延びています。
領土の南東部分には山地が連なり、猛獣が住むか蛇が住むか、、、とにかく苔むしたるジャングルが広がっているようです。caboose-org-uk-mt-cameroon-paththroughforestday4_w.jpg
ところがその北の方には一転して禿げ山と砂漠、、、こんなピークも見られるようです。220px-Rhumsiki_Peak.jpg
アフリカの曲がり角の海に近いジャングルには、鳥獣保護区も大きく広く設定され、こんな綺麗な鳥なども保護されて、居るようです。imagesbird.jpg
スポンサーサイト

テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。