スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光学望遠鏡の現状は?

もう、どうやら、地球上からはどんなに大きな口径の反射望遠鏡を使っても空気の汚れで、あまり効果的な宇宙の果てまで、追いかけることは出来ないよう8で、前稿の、電波天文学によって、宇宙の始まりや動植物の始まりについての興味ある追求の方が、盛んに行われるようになってきたのですが、、、まだまだ光学望遠鏡によってのぞいてみる宇宙に興味は残っている!と言う天文学者も多く、特に日本にはそうだったようで、8.2mと言う途方もない大きさの光学ガラスを磨き上げて、ハワイの高山マウナ・ケアの頂上4200mに大反射鏡「すばる」望遠鏡を据え付けて、観測が開始されています。outline_telescope すばる8.2m
JAIGのホームページに間借りのパピーニュウスの時代に「はみ出し者列伝」に書いた明治時代の日本天文学者「一戸直蔵」の稿で、彼が渡米留学したころには、アメリカでは屈折望遠鏡の弱点限界が知られて、Dr.Haleによって、高山に大口径の反射望遠鏡が必要、、、と言う時代になったと書いています。その後長い年月、最初はウイルソン山の2.5m口径次いで、パロマー山の5m口径のへールの反射望遠鏡が、大きさを誇っていましたが、21世紀になって10年、ついに8.2m口径のすばる望遠鏡によって、トップの座を奪われたのです。
現在、天文台に残っていて、光学望遠鏡として現役稼働中の大口径反射鏡としては、

2)上記パロマー山(標高1713m)のへールの508cm口径、がすばるに次いで2位、50px-P200_Dome_Open hale _palomer no1   508cm
3)ついでは、アメリカ、アリゾナ大学の管轄のツーソン近くのキットピーク山頂2100mほどの一番西に3大学連合の名を冠したWIYN反射鏡、口径は3.5mwiyn-tel.jpg
キットピークにはこのほか、4m口径の反射鏡がある、と言うサイトもありますが、証拠がありませんので省略します。
4)カリフォルニア州ハミルトン山リック天文台に寄付された、 C. Donald Shane telescope 305cm口径。220px-120inch-reflector-maint-Lick-Observatory.jpg
5)ロシヤ・クリミヤ天体物理天文台のしゃいん2.6m反射鏡(画像なし)
6)カナリヤ群島ラ・パロマの仲好し岩の天文台群2600mに1979年頃移された、イギリスの王立グリニッジ天文台395px-Herstmonceux_trig_with_Isaac_Newton_telescope_-_geograph_org_uk_-_67765.jpg標高600mにいったんはアイザックニュートン400周年記念で据え付けられたが、曇り空が多すぎて欧州一の威力が発揮できないと、引っ越した"INT"ことアイザックニュートン反射望遠鏡、口径249cm。395px-Isaac_Newton_Telescope,_La_Palma,_Spain
6) Hooker Telescope 100インチ、例のウイルソン山標高1742m。私がまだ天文少年だったころはこれが、世界一の大口径反射鏡でした。30px-100inchHooker mt wilson
現在は、有効口径が89インチほどで、呼称と実力の差、稼働率低下、で順位が下がっているようです。残念。
スポンサーサイト

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

これはいつのどのような意味のデータでしょうか?
例えばKeckやVLT、Geminiなどのようにすばると同じくらいもしくはすばるより大きい可視の望遠鏡はあります。

ひょえさん、ご指摘感謝!

天文少年的に目ェで見ての光学望遠鏡の鏡の大きさ比べですね。なぜなら、電波望遠鏡の大きさとの「たけくらべ」のつもりで書いていますから。

可視と云うことと、目ェで見る鏡の大きさの違いですかな?とにかく感謝、確かに。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。