スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.10東京大空襲のB-29側の事

B-29のことについては既にこのブログのまえのほうで、両三度、解説しました。Internetを駆使しても、B-29の航続距離エンジンの大きさはわかりますが、、、これはあくまで規格値、実際の燃料搭載量、タンクの容量についての記載は不思議なほどまったく見当たりません。イギリスに貸与されたはずの、ワシントン Mk 1と呼称した88機のB-29に関するイギリスで戦後発行された航空雑誌のデータベースによってのみ初めて、Bー29の翼内タンク、中央燃料タンク、や爆弾倉に仮設する空輸時の増槽の搭載容積等がわかりました。ずいぶんの手間隙かかりました。
Boeing_Washington_heavy_bombers_-_1951_201503161121579c3.jpg
翼内が前縁槽x2で1320usガロン、後縁槽x2で1420USガロン、センタータンくが1393USガロンで、USガロンは約4.4リットルなので、満杯量とすると、約19キロリットルつま3りB-29一機当たり20Kリットルタンクローリー一台分の航空ガソリンを搭載して、北西風に逆らって、グアム、サイパン、テニアンから、3000kmの日本本土に飛んできてまた帰島するには並大抵の苦労ではなかったようです。B-29の仕様書では航続距離は5380km、、、当時の発信基地イズリー基地に並んだB-29の写真と、20Kリットルのタンクローリーです。
300px-Isley_field_end_of_war_lg.jpg
20kl tank ro-ri-
3月10日、の東京大空襲は、1月21日に、交代した無差別絨毯爆撃も辞せずと言う、ルメイ少将が計画指揮しました。
その指示事項は3項で、、、
1.なるべく焼夷弾を搭載し木造家屋を焼く。燃料は満杯搭載するが、節約のために編隊制約はしないので各機自己責任で追随せよ。
2.かぜがつよいので、高空はさけよ、3千フィート前後を飛べ。2機以上前を行く機の尾翼灯を見失うな。
3.(省略)
、、、イギリスの航空雑誌では省略削除されていましたが、ここにルメイの敵がい心が露骨にちゃんと搭乗員に指示されていたようです。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。