スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空管回顧録;21:ラジアルビーム出力管の出現

受信管の出力管で、4極管のスクリングリッドの先に、ビーム偏向電極を置くと、或る程度以上の熱電子流密度になると、サプレッサ^グリッドを省略しても、プレートからの2次電子放射が、スクリングリッドの効果を妨げず、ビーム効果が期待できることで、4極ビーム出力管が開発されました。これらが、HF帯の電波の送信用に、小型送信管としても使えることから、小さくは、2E26から始まって、6146などの小型送信ビーム管が作られましたが、このタイプのビーム送信管で100W以上のモノは熱の籠もりを、放散するのに、管球の中に陽極に続く放熱フィンを仕込まなければならないために、非常に大きな球になり、且つ、陽極も、非常に温度が上がる、それならば、却って、赤熱状態で吸臓ガスが利用できる、タンタル赤熱陽極電極にしてしまおうなどという管球まで現れ、ワッテージの割にガラス管球がばかでかくなる、という傾向にありました。
たとえば、送信管メーカーEimac社の[4-125](因みに読み方はフォア・ダッシュワンツウェニーファイブです!)という、アマチュア用などのICAS規格でさえ、CW用でやっと125Wの送信管のガラス管球はこんな大きさでした。
4-125A.jpg

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。