スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦前の無線や放送の一例など

ヨーロッパでの第二次大戦が始まるちょいと前の、太平洋周りはまだかなりの平和状態。アメリカで著名な一人の女流飛行家が、飛行機仲間と赤道沿いの島飛び渡りでの太平洋横断飛行に、カリフォルニヤを飛び立ち西向きにニューギニヤのラエまでは、米沿岸警備隊の船も着いてきて連絡も上々、何の心配もなし、、。1934年の初夏の頃のこと。Amelia_Earhart_-_GPN-2002-000211.jpgロッキードエレクトラ10Eですね。
彼女はモールス信号が覚えられず、、、HAMの資格が取れないために、50wのマイク放送免許だったようです。コールサインKHAQQ 3105kc/s(当時は、キロサイクル=現キロヘルツkHzに同じ)
[客席を取り外して増量燃料タンクにしていたが、中に細かい仕切りがなかったかも、、、。大きな液体タンクは揺れ始めたらそれ自体がとても危険な慣性動体になってしまいます!!]

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。