スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未啓発な軍部に捨てられたアイデアの例、、

何度かこのブログにもチョロッと書いていますが、、、私と亡妻の仲を取り持った月下氷人はex川崎航空の飛行機設計主任技師だった、土井武夫・信子夫妻でした。何度も飛行機のペン画を書いてそれをネタに、各務ヶ原のお宅にお邪魔したモノでした。
奥様が料理教室をやっておられ、若い頃の亡妻はその中でも格段の味音痴、いわば「落第生」でした。、、、閑話休題
土井技師の口癖は,,,「キー60」はどうせ終戦までは格納庫にあったから、機関砲載せてB29落としてみたかったなあ。ァ、駄目か、過給器付けてなかったか!、,,,
ki60川崎重戦
土井技師は昭和2年(といっても大正15年の次の年デスよ、昭和元年は大正15年と同じ年の最後の6日間だけでしたから)3月東京帝大工学部造兵学科のご卒業、川崎航空機入社、当時ここには若いがDocter Vogtと言うドイツの飛行機大博士がいて、新入社員のドイツ語と数学の実用程度を確かめてすぐドイツ留学の準備をさせ、6月にはドイツについて、ドルニエ社の一員としてドイツの大学で流体力学の猛勉強をさせられ、一番参ったのが、当時の日本の理工学系の学生が最も苦手だった「ルンド」と呼んだ偏微分方程式だったそうです。
流体もニュートンの運動方程式で何とかなるとやってのけたのが、フランスのパスカルで、船や水の流れが何とか条件限定で数式で扱えると解析したのがベルヌーイでこれを空気まで演繹して飛行機の流線型への応用したのがフランスで成功して大正時代の流行となり、当然、日本の造船や飛行機の設計や模型実験の解析にも使えるという教育は土井さんたちの学年から始まっていたそうです。三菱の「秋立ちぬ」の九六戦・零戦の設計技師堀越二郎氏も土井さんと同期生です。ついでに言っておきますと、ベルヌーイの法則とは、非粘性流体(完全流体)のいくつかの特別な場合において、ベルヌーイの式と呼ばれる運動方程式の第一積分が存在することを述べた定理で、偏微分方程式とその第一積分を解くのが設計で、実験結果などの要素を偏微分するのが流体力学的解析になるわけで、、、飛行機や船の設計は当然ですが、私たちばけがく屋も化学プラント設計にも大いに必要且つ重要なエンジニヤリング技術なのです。学生時代には化学工学演習では、四人グループごとに分かれてしっかり鍛えられました。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。