スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月 と縁が深い ハレー彗星 関連話

ラジオ少年の前が工作少年、そのちょい前が、兄の影響もあって、天文少年でした。兄が、戦後まもなく、町の眼鏡屋の店先に、望遠鏡のレンズキットが出ていたから買ってきた、おまえ、天体望遠鏡作れるか?作ってくれたら空の星見せてやる、、、もっと見せて欲しいなら、お袋におまえの小遣いから1円80銭返してこい、このレンズキット買うのに小遣い足らんかったからお袋に借りたから、、。この頃は、兄の家来の身分だったからしょうがない、古本屋に旺文社の英和掌中辞典と言う少々薄汚れた辞書が2円あまりで、出ていたので、必死こいて貯めつつあった小遣いだが、にらんだところ対物レンズは、800ミリほど、接眼レンズは、二枚の構成だからうまく作れば、6-8ミリの合成焦点距離、とすれば、倍率は100倍は可能かも、、、。と内心皮算用して、お袋に1円80銭返しに行って、ついでにお袋がためている着物用の反物の巻き芯のボール紙の筒4本を貰ってきた。早速、硯を取り出して墨をすり、巻き芯のうち側にたらし込んで廻して内面を黒塗りする。明日朝からでも、望遠鏡の筒はすぐ完成できる。接眼鏡用の、枚のレンズの焦点距離を、夕日の低い確度を利用して壁との距離で測りついでに二枚で、なるべく色収差も少ないが、短い合成焦点距離を見つけて、物差しに印をつけた。合成焦点距離は約6mm、対物レンズの焦点距離はやはり800ミリだったから、130倍ほどの倍率が期待できるが、惜しむらくは有効口径が僅か30mmでは開口F比は、800/30=F27と、非常に暗いモノになってしまう。けど無いよりは有難い、、、戦後のナイナイ尽くし、、、脱線が過ぎましたが、工作少年面目躍如、ホンの二三日で、133倍の天体望遠鏡は完成しました。
この頃、1947年の12番目の日本の誰だったかと、外国の共同発見の肉眼でも明け方なんとか見えた彗星が、話題となりました。すでにこの頃から、彗星は、発見年次と、小文字のアルファベットa、b、c、、、順記号で示されこの彗星は、1947 l(エル)がつけられていましたが、俗称は、発見者の名前で呼ばれました。一般に肉眼で見える、彗星は発見者の名前で呼ばれますが、ごく少数の有名彗星は例外で、研究者の名前で呼び慣わされたモノがあります。エンケ彗星や、ハレー彗星がそれです。、、1986の写真1986年に回帰したときのハレー彗星の写真です。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。