スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦前、戦中は「無電」、電報送受は女性逓信電信技手だった、、、

007映画ではなく、ホンモノの英国スパイでも、第一次大戦もっとも有名な女スパイがマタ・ハリ、、に始まって、
220px-Mata_Hari_15.jpg(因みに、昨年2013年10月19日、マタハリのオランダの生家が美容院として使用されていたが、、、失火により焼失したことが報じられました)
第二次大戦では、ヴァージニア・ホール、原爆秘密をソ連に売ったエセル・ローゼンバーグ、フランスのレジスタンスと共同で攻撃的な、破壊活動中パラシュート降下ドイツ占領下フランス2回目の入国に失敗ゲシュタボに公開処刑された23才の美貌スパイ:バイオレット・サポー220px-Violette_Szabo_IWM_photo.jpg
夜間パラシュート入国をやってのけレジスタンスとドイツ軍拠点を荒らしまくった白ネズミとゲシュタボに渾名された、ナンシーウエイクなど、、、。女スパイは、数知れません。名が知れたスパイは失敗したからこそ名が知られたのです。日本でも、有名な尾崎秀実・ゾルゲ事件が、戦時中には、スパイ通信士専門だったクラウゼンと諜報員ゾルゲだけが裁判のあと直ぐ処刑されましたが、工作員だった尾崎秀実の裁判は戦後しっかり行われました。
日本は、短波受送信が、戦前は、未踏分野に近く、クラウゼンが水晶発振子だけもって入国、古道具屋から、買ってきて貰った、壊れたラジオや中古真空管で、日本で短波の送信機、受信機を作って、裸シャーシーを風呂敷包みで真空管2本とプラグイン・コイルは、腹巻きに入れて、運んでいたようで、日本の警察もボケで「今日も無電機らしきモノナシ、弁当箱らしき風呂敷つつみ一個のみ、、、」などと報告して見逃していたわけです。戦前戦中は手弁当でしたから。
宮崎駿監督のポルコ・ロッソ「紅の豚」にも、ヒロイン・ジーナがスパイ紛いに、押し入れ擬装の無電機でトントンツウと数字を打つシーンがありますが、、、イギリスの諜報部の、これらスパイ工作員のほかに、多くの女性スパイ秘密通信士が送り込まれていて、本国の諜報部の受信係もほとんど女性だったようです。日本の電報送受は、外人通信士にはとても読みにくい、和文のカチカチカッチ、信号でコレも電報局ではみんな女性逓信省電信技手さんたちが叩き、又受信していたわけです。紡績機織り女工さんよりは少し神経の疲れる仕事でしたが、全国的に女性の職場でした。世界中同様な事情でしたから、無電機の扱いさえ習熟すれば、スパイの分野でも無電機の㌧ツーたたきはお手の物、、と云う女性は居たわけです。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。