スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸の名残の水路交通は震災と戦災のがれきの犠牲

東北大震災や、大島土砂災害の何千万トンと、何万トンのがれき処理は、現代の環境保護の見地から、大変な難事業になるわけですが、、、。関東大震災で倒壊した上に焼けまくった、35区になる前の東京市時代のがれきは、どう処理されたのでショウね、殆どが海と近くの水のよどんだ掘り割りを選んで埋め立てられたようです。水が干満で入れ替わる水路が残されたのは、後のためにダブルに良かったようです。がれきが他の水路に流れて汚したりじゃましない、のと、よどんだ水たまりが、そこが陸上道路になって、汚水のどぶ臭さから解放された住民は大八車や、オート三輪で、物資まで運べるようになったからです。つまり、水路をきちんと埋め立てると、結構広い道になったのでした。
ところが、第二次大戦末期の戦災後のがれきは無秩序に、軍の命令によって、もっとも手近な川や水路に無差別に投げ込まれ、「大川の褌」じゃないが、流れるモノは流れまくり、杭に掛かって離れないモノは離れないが、そこはお構いなし、半端に埋まってしまい、戦後直ぐには、江戸時代の交通用の水路という殆どの水路の水が流れなくなって、水が停滞し腐って、メタンガス発生池のなってしまったのでした。
そのさまをご覧になりたい方は、戦後昭和20年代にロケ撮影された劇場映画で東京・下町のシーンが出てくる白黒映画をご覧下さい。黒沢映画だけでも「酔いどれ天使」「野良犬」、、そして当時は、未公開で、お蔵に入ったままだった「醜聞(スキャンダル)」などに、メタンガスがぶくぶく、、、が良く撮影されています。ロケ・シーンがそのまま当時の記録です。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。