スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田無と医学博士宮田重雄画伯

昭和20年4月、琵琶湖から東の東海、関東地区は空襲の対象となり、確か4月26日から、一切の余計なラジオ放送波停止、ただ警戒警報、空襲警報だけが、「関東防空情報」「東海防空情報」として必要時に流されただけでした。しかし、ラジオは、ナンにも言わないまま24時間毎日点けっぱなしにしておく必要があり、、、暑い日には、真空管も、トランスもヤケヤケになっていました。こうして約4ヶ月足らず点けっぱなしで経って、重大放送、、、で終戦、、、。真空管はボケ始めていました。当時の我が家のラジオは、二階の親父の自作、226-foxton礦石-226-112B 朝顔小ラッパの3球礦石検波レフレックス。と1階も親父のキット組み立て、227-26B-12A-12F U字型磁石のマグネチックの紙コーンスピーカ並四。227以外は、みんな直熱管。
その冬、、、みんなで火鉢を囲んでいたら、親父が消し炭持ってきて「火を起こせ、真空管の惚け直しする、、」と言って、ラジオの真空管を皆取り外して持ってきて、一つ一つ、ゲッターでギンギンで中の見えない部分を火に近づけて炙り、、、しばらくすると中が見える程度にギンギンが消えた部分が出来た。「熱いからうっかりさわるな!」と言って、板敷きの上に4本足で立たせて冷まし、、、ラジオを持ってきて、全部もとの位置に挿し真空管見えるようにして、電源を入れた。興味津々である。
音こそ殆ど出なかったが、直熱3極真空管はどれも、少しの間パチパチ管内で火花が飛んだ、、、やがて親父がボリュームを上げていくと、アーラ不思議、昨日まで、ブーンというハム音の中にかすかに放送が聞こえるだけだったラジオが、正正堂々の音量でハッキリ聞こえ始めたではないか。「フィラメントタイプの、ゲッターがマグネシウム有り余る、直熱管でないとダメらしいが、こうやってもう一度、ゲッター飛ばすと、再生できるらしい、生徒が今日学校で教えてくれた。確かに旨くいったね。随分助かったわ。」

こうして、我が家のラジオは、一応よみがえった。鐘の鳴る丘、カムカム米語。平川唯一先生には、お世話になりましたね。証城寺の狸ばやしの節で、

♪ Come,come,everybody,how do you do? and how are you? Won't you have some candy? 1and 2and 3 4 5. Let's all come and meet again, singing tua la la.

♪ Goodbye everybody, goodnight untill tomorrow,Monday,Tuesday,Wednesday、Thursday,Fryday,saturday,sunday。 Let's All come and meet again,sing tua la la.

まさに三つ子の魂百まで!でしたね。
ラジオ放送が未だNHK第一と第二放送だけ、民放もテレヴィもない。並木路子のリンゴの唄が流れましたがそのほかの流行歌はNHKの品格を損なうモノとして、なかなか唄われず、昭和21年5月頃から荒井恵子さんが、昭和17年頃の唄、「森の水車」 を歌い始めたのでした。
♪緑の森の彼方から、陽気な唄が聞こえます、あれは水車の廻る音、耳を澄ましてお聞きなさい、コトコトコットンコトコトコットン ファミレドシドレミファ、コトコトコットンコトコトコットン、仕事に励みましょ、コトコトコットンコトコトコットンいつの日か、楽しい春がやってくる。,,,,
そうです、戦時中に作られたのだそうですが、当時はそれどころでないと、見捨てられ、、、歌われなかったのだそうです。戦争が終わって、食べ物も物もなくても、その「楽しい春」がようやくやってきたのでした。


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。