スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪空襲とキュラソーの精油所の関係、、、なども書き残します

大阪は、B-29によるテニアン・サイパン基地からの爆撃は、燃料と爆弾の持ち合いの関係から、ギリギリの距離にあったようでした。名古屋と東京は、偏西風の利用の仕方次第で、かなりの成功率と読めていましたが、大阪以西は、サイパン・テニアンからでは、爆弾投下前に既にかなりの逆風による燃料消費が心配で、爆撃成功しても帰着できない機と人的消耗を覚悟心ければならない状態にあったようです。このため、サイパンテニアンからの大阪第一回だけ、搭載を油脂(ナパーム型)大型1個、目標火災用に1個と後は、例の60本ひとまとめの普通焼夷弾ばかりを、燃料満載の残りペイロード80%程度積んで、満腹させていたようです。
B-29.jpg焼夷弾架
サイパンテニアンからの爆撃はそのため、この3月13日夜遅くから、翌14日の未明、3時間半程度の焼夷弾だけの攻撃で、このため燃えにくい工場や軍用施設でなく、、木と紙の住宅密集地に目標を絞ってやったと言うことでこの一回だけだったようです。この後は硫黄島から、、、又、キュラソウの精油所も充分完成して、給油船の配備も強化された6月以降、初めて、爆弾焼夷弾の混成で、造兵廠、兵営、給水場、軍需工場地区が、6月1日から、6月3回7月3回、更に8月終戦の前日車両基地目標と、總計8回、徹底完膚無きまでにに破壊し尽くされました。
キュラソウ島は、知らぬげにいまは観光の島のようです。
キュラソー_carib

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。