スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらためてノルマンデイーについて、、、

ああ、あのロンゲストデイの!、、、とご存じの方がめっきりと、減りまして、、、寂しい限りです。ノルマンデイーって?北欧のどこか?、、ええ?なにフランスですって?フランスってパリだけじゃないノオ?って言うメタン子までいまして、、、一寸寂しい極みです。
フランスは、フランス人自身に言わせると、、、五角形というヒトと、六角形というヒトと居まして、必ずヒトと同じことは言いません、付和雷同は彼らのもっとも恥とするところですから、、、。絶対個人主義に徹します。
中華思想と軌を一にして、世界の中心フランスで、その又中心パリで、その又中心が自分なのです。まあ角の多い方6角形としましょうか。
F六角で8エンテイテイと接す001mc
ドーバー海峡を隔ててイギリスに面し、ベルギーから陸続きでルクセンブルグ・ドイツ・スイス・いたりや・モナコと6つの国に接し、地中海のコルシカ領と、スペインの島に相対して、スペインのイベリヤ半島と接し途中、小国アンドラとも接し合計8国と三つの海に囲まれています。このうち6角形の左肩の一辺の大部分が、ノルマンデイー地方といえます。キノコのようなノルマンデイー半島が突出しています。このうちベルギーとの国境ダンケルク、までの右半が、オート(高いの意)ノルマンデイー、セーヌ川を境に南西半分サンマロ湾付近までを、バス(低いの意)ノルマンデイーと呼びます。この地方は、葡萄は発育が悪く、良い葡萄酒はとても望むべくもありません。草地にリンゴの木が勝手に生えたようなところに木の森が点在し、ポプラ並木には、カササギが落とした糞から宿り木が生えて、丸い茂みが枯れ木に映える、冬はそんな情景です。草地には放牧の牛が三々五々と居て、時々、イギリスから飼養依頼された、競馬用のサラブレッドが、何頭もまとまって、通り過ぎるという光景も見られます。Houlgate picCrds 馬と破傷風007mc
海水浴場の砂浜だけは馬を乗り入れてはならない地域が限定されていますがその他の道路、宅地や農地、牧草地は、人馬共用ですから、破傷風危険警戒地域になっています。上記するようにフランスは世界中で一番自由な国で絶対個人主義ですから、自分の身の危険は自分で守り予防接種は自己責任の範疇です。私の過ごした、東京は、、、駒場の元農学部、教養学部の野球場も運動場も馬の乗り入れがあったところですし、住んでいる元田無市の田無農場も、本郷の東大内の御殿山運動場付近も、そんな過去から破傷風菌の住み処です。プラスノルマンデイーでの6年余、お馬と、破傷風菌とのおつきあいは、長いわけでした。「抜け出た馬が萩を食う」(クリック)ご参照ください。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。