スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「石の花」異聞!プロコフィエフのバレエ音楽でもないパルチザン劇画

日本公開の劇場での初カラー映画を紹介するつもりで、、、ウラル民話を題材にしたソ連映画「石の花」を紹介しました。そしたら「何?日本では「石の花」って言えば、有名な、コミック雑誌5年間にもわたる長期連載劇画で、作者はまもなくユーゴスラビヤ政府から特別表彰された、、、ってことの方がずっと有名ですよ!」、、って複数の方からしらされて、、驚きました。調べてみますと私めが、住み込み4年の台湾から、外外勤務廻りでフランス勤務足かけ7年で計12年間日本を不在した間の出来事ですいませんでした。

ウイキペデイアのブリーフィングでは、、、『石の花』(いしのはな)は、坂口尚による日本の漫画『コミックトム』で1983年から1987年まで連載し、版元の潮出版社<希望コミックス全6巻>で刊行。第二次世界大戦時、ナチス・ドイツの侵攻を受けたユーゴスラビアを舞台に、極限状況にありながら理想を求める若者の生き様を描く。有名なパルチザンをも題材にした、この漫画家としては、ユーゴのもう一つの抵抗史「抵抗の詩」(まんが王’70年8月号9月号二回連載)に続く第二弾でもあったんですね。
imagesCAS67PEL.jpg

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。