スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋空襲、恐るべき全市焦土化爆撃

東京大空襲、広島長崎の原爆、はかろうじて歴史に名をとどめたようですが、昭和20年6月の名古屋の徹底焦土化爆撃は、風化しつつあるようです。B-29が偵察の度にまき散らしていった、地方都市爆撃予告ビラその他、嫌戦感を煽る宣伝ビラをご存じでしょうか?流言伝単002mc
不思議なことに、4月の後半から撒かれ続けたこの地方都市の爆撃予告には、愛知三重岐阜の都市の名前がなかったのでした。
名古屋の空襲の最初は、ご多分に漏れず、昭和17年4月18日の空母搭載、B-25によるドウリットル空襲での2機による、名古屋師団への爆撃で、馬糧舎が全焼したものが最初でした。
米空軍司令のLeMayは、始め、ガソリンの発火点(フラッシュポイント)が、20度以下と云うことも知らず、日本空襲は、インドからシェンノートの援蒋ルートを頼って、インドから雲南・重慶を基地にB-29を送り込んで、西から3500kmの海を渡って渡洋爆撃をすればいいと考えたようです。インドの真夏、昭和19年の6月、印度から、暗澹オリーブ色塗りのB-29を飛ばそうとしましたが、日に照らされ灼けた、黒に近い飛行機の温度は60度に近く、ガソリンはキャブレーターで気温45度の空気で気化すれば即発火して燃え、離陸滑走中にエンジン火災する機が続出、、、。中学高校で、良く物理の勉強しておかないといけませんねえ。ルメイは印度兵のエンジン整備が不良と思いこんで、ウオルフ爆撃隊長に何度も、整備不良を、気候のセイにするなとしかりつけ、最後は上官反抗の罪までなすりつけて、クビにしています。日本帝国陸軍の「大和魂でガソリンの発火点を60度以上に上げろ!」などというたぐいで、いい勝負ですわ。ウオルフ隊長をクビにしてしまったあとで、同僚の整備将校上がりのヒトから、写真のマグネシウムのフラッシュと同じでガソリンは空気中で噴霧状にすれば20度でもフラッシュすると聞かされて恥じ入り、中国経由の日本爆撃をきっぱり諦めます。しかしこの恥かきは異常な執念となって日本の航空機工業の徹底爆撃に及ぶのでした。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知 - ジャンル : 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。