スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大横綱双葉山と巨大なその足跡」特別追悼3月増刊号「相撲」

モンゴルからの舶来横綱「白鵬」も慕い憬れてやまない大横綱双葉山は、戦後食べ物のないウチは新興宗教の旗担ぎ・提灯持ちで、飢えを凌いで後ろ指を指されたこともありますが、、、その後立ち直り、戦後の食糧難で力士が栄養失調で、青息吐息の相撲協会の復興の大変な時期に、その大名声故に理事長に祭り上げられ、、、木鷄どころか「ミチバシリ」(英名ロードランナー:鳥の名)そこのけに巨体を揺すって、各界に顔をつないで走り廻り、賛同と喜捨を得て相撲興行の再興を計らざるを得なかった大役を果たし、、、その後も名理事長を務め、昭和43年12月16日不帰の客となったのでした。100ヶ日も過ぎた翌昭和44年3月、相撲協会機関誌を名乗るベースボールマガジン社刊「相撲」誌3月増刊号は、標記のように、マルッと一冊を挙げて、この大横綱の生涯の清廉にして豪快な足跡を紹介しています。
44_3相撲 目次mc001
明治45年2月大分県宇佐郡天津村、船舶運送業、穐吉義廣夫妻の次男定次として誕生、小学校に行くのが待ち遠しい勉強好きの子だった由で、勉強も優秀、小学一年の通信簿で全3学期を通じて3学期にアヒル(乙)が一匹泳ぐだけのほぼ全甲という模範成績が写真付きで紹介されています。大正時代を小学校尋常科、高等科で過ごし、新改元6日で迎えた、翌昭和2年の2月に訪れた、立浪(もと小結緑岩)親方に紹介者でしこ名のモトとなった、、、大分県警察部長・双川喜一氏のつてで、入門してついて我が家をあとにしたようです。
44_3相撲 ふたがわ氏の紹介入門mc003
翌3月巡業場所大阪場所で初土俵。俊敏ではあったが、腕力、体格体力とも凡庸のウチで、昇進は決して早くはなく、入幕後も何度かエレベーターして三役も小結や前頭筆頭も何度かエレベータしているようです。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き! - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。