スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和11年5月号「科学画報」の頃と銭塘江の逆流海嘯

順序手順前後で済みませんが、前稿で誠文堂発行の昭和8年6月号の「子供の科学」誌の代理部の通販広告と目次とその上の上欄グラビヤを使って、当時の社会の一端を解説いたしました。ほぼ80年前の、未だやっと地方都市の半分ほどの地域に、電灯線が配線されつつある年で、、、定額灯という伝統だけの使用契約で、電気が必要な明け方から明るくなるまでと、夕方薄暗くなる頃から夜10時頃までだけが給電されると言った時代でした。それ以外は明かりが欲しければ、個人的に石油ランプ、や蝋燭を使う時代の延長上、、、ラジオは鉱石ラジオ、といってもゲルマニウムがあるはずもなく、古河鉱業の供給する方鉛鑛を、狐崎電機という子会社で、両端に金属ネジ蓋を付けたエボナイトの筒にバネと方鉛鑛の粒を挟んでセットした「FOXTON]という礦石検波器を使ったモノでした。フォックストン礦石検波器受信機mc(このラジオをも含む代理部広告も以下で採録します、先ずは拡大です)未だラジオの殆どは、お金持ちが、A,B,C,電池式真空管式で聞く以外の一般大衆は、長い竹竿2本しょっ引いてきて高くて大きいアンテナを建てて、こういった礦石検波器受信機で電気なしで聞いていたのですが、、、昭和8年に、JOAK(東京)、JOBk(大阪)、JOCK(名古屋)等の放送局と、受信契約した放送受信者の契約数が100万台に達したとの理由で、年間受信料それまで4円を一挙に1/4に一台当たり、1円に値下げを発表しています。このクインメリー号が大西洋航路に就航した、昭和11年頃は、そろそろラジオも、直熱真空管主体で検波器だけは礦石を使った、エリミネータ(電池を省略するの意)式交流整流管使用の受信機の朝顔喇叭の受信機の普及が始まり、、、この年の夏には、ベルリンに行った、河西三省アナの歴史的実況放送が、オリンピック主催国ドイツの誇るゲネンゲル選手を水泳帽半分の差に抑えて優勝した、前畑選手の優勝を、タダ前畑がんばれ、頑張れ頑張れ、、、が、勝った勝った勝った、前畑勝った、勝った勝った、、、に変わるという、コレ実況放送?と思うタダ雄叫びのような、放送にみんなが朝顔ラッパに耳を傾けた年になったのでした。未だその前五月号の科学画報の目次は見開き2ページと、その左ページに片折込の1ページ計3ページ。チョイと3ページをここに横長では、もう読めませんので、折り込み2ページと右見開き1ページに分割掲げます。
s11雑誌目次003mc
s11雑誌目次004mcmigi

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。