スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中西悟堂「春の山野に囀る小鳥」科学画報May1936

さて、この古雑誌の記事ご紹介も、当時の世界のビッグニュースだけじゃないか、科学少年の実際の生活上役立ちそうなのはないのかい?といわれそうですね。このQueen Mary号の記事の次に、標題の、当時野鳥観察、中西梧堂さんの造語では「探鳥」、今で言うならバード・ウオッチング界の大権威、中西悟堂さんの記事が写真並びに挿絵の小鳥の図と共に6ページも続くのです。
春の山野の鳥001mc
当時も、戦後までも、春の小鳥といえば、耳に聞くのはウグイス、目に映るのは、空高く上がり、停止飛翔(バードウオッチング用語ではホバリングと言うらしい)して囀るこのヒバリでした。おおヒバリ!高く又、、、sc戦後 中等音楽(三)/昭22年(作曲メンデルスゾーン作詞高野 辰之)に輪唱曲「おおヒバリ」がありました。

♪おお雲雀 高くまた軽(かろ)く 何をか歌う
天の恵(めぐみ) 地の栄(さかえ)
そを称(たた)えて 歌い
そを寿(ことほ)ぎ 歌う
リフレイン、、、恵(めぐみ)称え 栄(さかえ)寿ぎ歌う

2+3mc.jpg


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。