スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安土・桃山時代の信長を活写したルイス・フロイス

織田信長は、根暗で猜疑心が強く、人を俄には信じなかったようです。物事についても疑い深く、裏を取るコトによって、漸く信じたようです。この癖のため、旧弊的な、習慣や、盲信的な古い慣習で徒党を組むモノへは容赦ない殺戮を行ったようです。

暴れん坊で、父親城主の城には置かれず、田舎の勝幡城に預け置かれた、吉法師時代にさえも馬の扱い方を正式に教えた隠居老武士の、馬についての教えは、とても従順に覚え、馬を疎略に扱う者にはとても手厳しかったようです。1560年、当面のライバル、今川義元が桶狭間に出てきているとの、乱破の報告を受け取るや、即刻、取るモノもとりあえず、われに続けと叫びつつ馬を駈って、清洲の城から、約50分間の熱田の宮の手前の川まで、一気に駆け抜けている。此処で馬にくさを喰わせ、水を飲ませ、部下25-6騎が追いついて来て、馬を飼うのを待っている。馬の心臓は小半時までは、疾駆に耐えないと、この老武士の経験談を肝に銘じていたからに他ならない。ここから桶狭間までは小半時の距離okehazamakosenjou.jpg
、馬に草をあてがって、脱糞させ、汗を抑えてから、やおら、桶狭間に立ち向かって、寒冷前線通過の風雨を幸い、今川陣の油断もあって急襲出来、少数精鋭で、義元の首級を上げることが出来たとされる。
他の戦国武将と信長の性行の格段の違いはこの合戦の武功の第1番に挙げたのは、義元に一番槍を突けた毛利新助ではなく、義元桶狭間に出張る、の報を走らせた乱破のかしら、簗田政綱に与えられた。毛利新助が不満顔したのは当然であろうが、信長にとっては情報の重要性に重きを置いていたのだから。こうして信長の考えは当時としては、毛利新助びいきの明智光秀らの反感を醸し出させていたかも知れないのだが。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。