スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空管回顧録11: 7極管の歴史と周波数変換管の出現

インターネットに紛らわしい記事が、しかも不正確な文献の引用で裏打ちされて、出ていましたので、標記の解題で、チョイと訂正させていただきましょう。先ず引用された、戦後の雑誌(多分昭和24年頃の「ラジオと音響]誌の該当ページの、その後のコピーマシンのハシリの頃の半乾・半湿酸化亜鉛コピー紙による複写と見られる)引用記事(部分)から。6WC5 mc
しかし、事実は大きく違い、アメリカの軍用メタル管の、真空漏れ防止技術の必要から、トップグリッドメタル管シリーズ6L7-6K7-6J7-6B7(総てトップグリッド管)を、Gridを脚に廻して平頭メタルシリーズの6SA7-6SK7-6SJ7-6SB7にするためには、6SK7以降は旨くいったが、ガラス周波数混合管6A7や6L7Gの電極を、メタルに収納して、トップグリッドの配線を脚に廻しても、全く旨くいかなかったようで、、、メタル管の元締め、RCAは手を回してGEに東芝の周波数変換管6WC5の電極を入れてみるように指示「果たせるかな」、6SA7の開発に成功して、かろうじて面目を保ったというのが事実だと、西堀栄三郎さんから直接承った。

このことを理解するためには、7極管つまり5グリッド管の歴史と、それらのグリッドをどう考えて、変遷したかを、考えてみなければ簡単にはRCA/GEの成功が納得できないでしょう。それは同時に6WC5の電極設計者の功績でもあるのです。因みに一つのヒントは、、、それ以前の、この種7極管は、周波数「混合」管と呼ばれ、戦後直ぐの日本で作られた、トップグリッドのない6WC5は何故か周波数「変換」管と呼ばれました!このことは5グリッドの設計のねらいに大きく関係したのでした。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。