スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商用交流周波数問題は日本の電力界の朝ぼらけ事情から

現代の感覚をチョイと忘れていただきましょう。電燈と言うと何を連想されますか?エジソンの白熱電球?それを忘れていただきたいのです。19世紀の初めに電気で照明をした最初は、アーク灯でした。イギリスのデービー卿のアーク灯(1808年発明)というモノが、半世紀ほども続いて、不安定で時に危険な照明装置でしたが、同じくイギリスの時計職人が2世紀近くも前に始めた、バイメタルの反り方をアーク炭素棒(初めは直接タッチ)の間隔を自動的にスタート点弧もし、間隔調整も自動的にするように炭素棒支持具に応用して、ガラス鐘の中に入れることを得て、空気による炭素棒の燃焼をほぼ完全封鎖節約できるようになって、割と安全で、屋内でも使える照明になっていたのです。但し、アーク自身は直流でも交流でも使えるのですが、未だ当時は発電機が無くて、アーク電流に耐える大電流発生用のグローブ電池という亜鉛板、銅板、とそれに高価な白金陽極を使う一次電池が使われていました。お金のかかる、物珍しさだけの明かりに近かったのです。
終戦直後の昭和20年代、当時の照明学会の会長、大山松次郎先生に拠ればこの封止型アーク灯、日本では、明治11年に茅場町の電信局の開局記念展示と、外人による明治16年の銀座複数灯のデモンストレーション、それに神戸、大阪、京都で、それぞれ数時間宛の点灯があっただけ、とのことでした。浮世絵に残る銀座、アーク灯の点灯風景です。このアーク燈による電気照明と言う潜在観念が日本の電気の発電に災いして、、、現代の商用交流周波数(関西60Hz/関東50Hz)問題に尾を引いているのです。
denki1M11木挽町アーク灯

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。