スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の「辛亥」革命、これも干支で年を表したモノ

今年1月24日、通常国会の開会に際しての菅直人首相の施政方針演説に、中国も「辛亥」革命から100年という発言がありましたね。このブログで説明した、日本の「戊辰」(ぼしん)戦争や、「壬申」(じんしん)の乱と同様干支で年を特定しておけば、後から歴史の中で年を特定できるという発想で、3千年イヤ4千年以上前から、使われた方法ですね。(子供のなぞなぞじゃないけど、その年がその時点で、「西暦紀元前2031年だ」、なんて絶対わかかりっこないんデスから!干支で年を書いておくしかないんですね)
某週刊誌(写真付き)によると、この菅直人首相の演説原稿はフリガナ付きのタイプ印書で、「辛亥」には(しんがい)と振り仮名があるようです。干支の組み合わせ60通り全部読めますか?辛亥革命004mc

まあこの演説で、100年というコトが判りましたから、1911年つまり明治44年のことだったんですね。
日本では、前年に、日韓併合という、民族的なことがあり、島国根性的に併合民族蔑視の風潮が、始まろうとしていました。これには、更に前々年、何度も首相にたって、当時は枢密院議長の要職にあった、明治の元勲の1人でその立場上、日韓併合には反対であった伊藤博文が、ハルピン駅頭で安重根によって、暗殺されるという事件が下敷きになっていたのでした。まあそれは、日韓関係でのこと。一方の中国では、もう少し前清国第11代の光緒帝の頃、、、

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。