スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鵬が超える双葉山の69連勝

白鵬育ての親方と言えば、熊ヶ谷親方、現役時代のしこ名は竹葉山、生まれが九州の地酒の造り酒屋、この地酒のひいきが大阪のウナギチェーン店竹葉亭の大女将、、、この人が「たにまち」になった関係で、このしこ名を通した。相撲取りとしては、小さい方で、たった1場所だけ、幕内に上がったことがある。それはさておき、その年旭鷲山を頼ってモンゴルから来たなかでは6人目飛び離れて小さくやせで、来日、どの部屋も弟子入りの声がかからず、連れてきた旭鷲山が再三各部屋を回って、「今は痩せだが、この男の父親はモンゴル相撲の横綱だった!必ず大きく佳い力士になる!」と親方説得したが、ついにいい返事がもらえず、明日はモンゴル行きの飛行機に乗せなくてはと言う最後の夜、偶然小部屋の宮城野親方にあったのでこの男いい目をしているでしょう?だが明日の飛行機で帰します!と言ったら、、そういえば精悍な目つきを見せることもあるんだな!ヨシ判った、親父さんのようになるかどうか、賭けてみよう、おい、熊ヶ谷、引き受けた以上はからだの小さいおまえの苦労話が要るだろう、おまえが仕込め!と、、なったのだそうな。
そして今日の横綱白鵬があるわけです。持って生まれた遺伝子、決して悪くない。体も大きくなり、入門時の痩せの面影はない。かいな力も人一倍強くなった。69連勝も当然の力士になっている。
7場所に跨る001mc
双葉山。右目は失明に近い状態。利き手の小指は2度目折れたまま、と言うハンデを負っていたが、それこそ痩せの背高だけで、負けず魂の固まりで、立浪部屋に入門、只相撲道を極めようと精神集中と、精神力を鍛えたようだった。5尺9寸五分34貫、これが入幕を果たしたときの体格、今様のm-kgで言うなら179cm,128kg、日馬富士がまだ安馬で入幕した時より身長は約3cm低く体重はほぼ同じ。安馬が見せた俊敏な動きと同じ、精悍な筋肉質でバネの動きでした。
前頭3枚目からの7場所に跨る69連勝、その始まる頃、は玉錦に叩き込まれて、ストッと両手をついたがこれがバネの弾み負けの最後、その前場所の清水川を浴びせ倒すなどは決まり手は浴びせ倒しなのだが、ニュース映画で見たが、土俵の真ん中から突きっぱなして後退した清水川に弾かれた弾丸のごとく飛びついた勢いで首っ玉に齧り付いたまま砂かぶりまで吹っ飛んでいる。俊敏なと言えば聞こえは佳いが、まだ若さの若干残る荒っぽいところもあったのです。220px-Futabayama_Sadaji.jpg

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。