スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光学望遠鏡の現状は?補遺

前稿では、光学望遠鏡を古典的可視光線の光路直接のモノに限って、反射鏡のたけくらべをしていました。ひょえさんの指摘を待つまでもなく、現在の光学望遠鏡は、可視光線のみの限定せず、又その分解能や光路の減衰をコヒーレントな波であるレーザー光とのヘテロダイン的変換等を利用して光学的に補強するために、双子的な光学反射鏡を使って(それが間に隙間やきょりのある鏡の配置でもかまわない)補強しあうようにして、単独反射鏡の弱点を補うことで、更なる大鏡と同等の性能や、又、近赤外など可視光より波長の長い、つまり目で見えている星やガス星雲の目(人間の裸眼)に感じないちょいと低温の部分までの光学的情報を得ているようです。こういう天文台が結構大鏡を並べるようになってきているのですね。マウナケア山頂のすばるのすぐ横には、何でこんなに大もうけしたのかは書かれていませんが、学問のいろいろな分野に寄付をしまくっているKeck基金財団というのが寄付した、36枚に分割した放物面鏡を隙間は空いたまま口径は約10mに配置して近赤外光を中心に2台を間隔を置いて並べて分解能をあげて双方の画像をコンピュウター処理して研究しようとするのが、設置されています。2台が光路で繋がったりはせず、全部、遠隔操作、遠隔処理で、4200mと云う高度の土地でやるのは全自動で、保守だけで、あとはKure島のヒロに研究室があるようです。250px-The_Keck_Subaru_and_Infrared_obervatories sc

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。