スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦前の5mバンドが何故戦後6mに緩んだか?ご存じでしょうか?

nationalHROの原型の広告5m001
電波の発射やその受信が未だ未踏分野だった頃は、みなアマチュアで、みな法の保護は受けていない所謂「アンダーカバー」俗に言うアンカバだったわけですよね。それが、41m 波長辺で、北米の小父さんが、大西洋を越えてフランスの青年と、空中の電波だけで交信するに及んで、俄に各国政府が、銘々に法律を作って、この公的財産を、自国のお宝とせんものと、縄張りを用意し始め、、、もし官許やライセンスでも、その使える波長域を、どんどん限って軍事的や商業的用途に使うように、研究や、アマチュア用を細いバンドと称する波長域に細切れにして、高調波が出ても自分たちのバンド内になるようにその波長関係が倍数になるように割り当てて絞っていったのです。40mを中心に、80m-160mhへと、、、20m-10mへと行き、もう1931年の国際会議では、その上は、5mと決めたわけです。もう直ぐその翌年には、プラグイン式の5m迄の市販受信機が米国ではnational社によって発売されています。これはコイル箱ごと刺し込む形式の受信機のシリーズになって、有名なHROシリーズとなったハシリの受信機の広告です。(Radio News 誌(米)Aug.1932 JA8BFYのご厚意による)はっきり5mですね。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。