スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近代産業の発展とゴールドラッシュ

どこから話を始めるべきかかなりの日数を費やしました。アマチュア局と雖も、無線交信をやる以上は、電波法令、就中、無線局運用規則は守らなければなりません。その第14条には、無線電話通信の業務用語の詳しい国際的に通じる略号と欧文発音の通話表まで規定されています。特にアルファベットと、数字の発音とアクセント(強調すべき強音)の位置についてまで、別表第5号の1及び2に表に傍線で示されています。ところが、日本のアマチュア無線連盟が発行する書籍抄録のたぐいにも欧文通話表はありますが、肝腎の読み方的発音フリガナやアクセントが省略され、法令集抄録では数字の表、別表5号の2がまるまる省略されてしまっているではありませんか!
私は、昭和24年秋からの短波リスナー、それも、たまたま駐留軍の"ジッゲェボー"コールサインのアマチュア無線の電話を聴いたのが短波ラジオを作って受信した最初の声だった事もあって、海外放送受信もしましたが興味の主体は初めから此の「ジッゲェボー,,,」にありました。そのジッゲーボーが、J .Aを言い表す通話フォネチックスというモノで、
AはAble、JはJig、従って、JAというコールサインのアタマはみな、「ジッゲーボー」と米国発音されているのだと、当時の無線雑誌ではじめて知りました。JA0IJ QSL CARD
この記事の中で、気をつけて聴いてみなさいと特に書いてあったにが、数字の「9」で、学校で習うナンバーナインではなくて、ナンバー9は「ナイナー」と発音するのが無線用語として、国際的に決まっていると書かれてありました。実際、無線局運用規則の別表第五号の2数字の表には、9 ナイナーと規定されています。7,8,9,0,はセヴン、エイト、ナイナー、ゼロ、というわけです。この無線用語「ナイナー」はどこから来た言葉か、お判りでしょうか、当時の無線雑誌の記事の著者がどなただったかは忘れましたが、ヘンリーフォンダ・リンダ・ダーネル主演の、西部劇カラー映画[my darling Clementine]がいずれ日本でも公開されるだろうが、その主題歌を良く聴いてみなさいと教えてありました。myda2.jpg

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。