スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画に学ぶ世界史(2)「誰がために鐘は鳴る」スペイン市民内戦

第二次世界大戦終戦後間もなくゲイリークーパーと新進女優イングリッドバークマンの映画「誰がために鐘は鳴る」がロードショウ公開されました。未だ闇米の買い出し列車や闇市場のお世話になっていた頃のことです。私はやっと(旧制)中学生でしたから映画には行けません。都会で戦災で焼け出されて、30になる息子と母子で田舎の我が家に疎開中だった60代半ばの大叔母が、ある日息子とこの映画を見に行き、、、帰ってきてから、開口一番[,,,ウン、映画って、良いね、芸術ダヨあれは!」とだけ言って、自分の部屋へ入ってしまいました。「映画は芸術」といったなぞの言葉としてウチの家族間では話題でした。この映画をみたのは、20年も後、メキシコオリンピックが終わって、カラーテレビの値段もグッと下がって、我が家の白黒テレビがやっとカラーに置き換えられてしばらくしての、民放TVの映画番組だったと思います。誰がために鐘
前稿「誇りと情熱]ゲリリャ戦争が1814年に終結ナポ軍が追い出されてからのスペインはwikipediaによれば,,,

フェルナンド7世が復位したが、フランスの此の侵略はスペインの経済に破滅的な影響を及ぼし、その後の1世紀に及ぶ政治的不安定と分裂をもたらすことになった。1825年にシモン・ボリーバルをはじめとするリベルタドーレスの活躍によって南米のスペイン領ボリビアが独立し、sスペインはキューバとプエルトリコ以外の全てのアメリカ大陸の植民地を失った。
19世紀のスペインは政治的不安定と経済的危機にあり、史上初の共和制移行(スペイン第一共和政)も起こったが、短期間で王政復古した。この最中に更に、フィリピンとキューバで独立運動が発生した。これらの植民地の独立戦争にアメリカが介入する(米西戦争)。1898年に開戦したこの戦争では、スペイン軍は幾つかの部隊では善戦が見られたものの、上層司令部の指揮が拙劣で短期間で敗退してしまった。この戦争は"El Desastre"(「大惨事」)の言葉で知られている。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : スペイン - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。