スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語を操る欧州のハム達(2)

欧州のハム達が日本語に興味を持つことは、前回ご説明したとおりですが、、、手書きパピーニュウス第4号には、F/JA2RMの交信を通じて自身体験した苦労と共に、、、こんなコトを報じています。

コンテストの時や、混信、ドッグパイルの気がせくようなとき、自分と同じ、もしくは似たようなサフィックスなど、紛らわしいコールサインの局には、取ってもらえず、思いがけない手間暇が掛かることがあります。勿論お互い、ハム仲間意識が強いですから分かり合えて、通じたときのお互いの気持ちは、一天俄にかき曇った暗い空のなかに虹がわき上がる、と言うかそれが珍局であったときなどは、そのウルガートの谷に立った虹001_convert_20090531164729
ニジに縋って天にも昇るような、、、。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。